メッセージ

2021年1月31日

ですから、私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、神なのです。
    創世記45章8節

 神さまの導きはいつでも最善です。神さまのすばらしいタイミングですべてのことは動きます。
1.兄たちとの再会
 兄たちが住むカナンの地でも飢饉は起こりました。エジプトには7年間蓄えていた食糧がありました。父親はエジプトに行って、食糧を買ってくるように指示します。これがきっかけとなり、兄とヨセフはエジプトで再会します。けれども、兄たちはヨセフだとは気づかず、ヨセフの前でひれ伏します。ヨセフは兄たちだと気づきましたが、彼らの思いを知るために様々な試練を与えました。その中で、彼らが父を思い、もう一人の弟を思い、自分たちの過去の罪を忘れずに悔いている姿を目の当たりにして、感極まってしまいました。ヨセフは自分のことを兄たちに打ち明けたのです。
2.益となる過去
 ヨセフは兄たちにこう言います。「私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、神なのです」と。兄たちに奴隷として売られたヨセフですが、ヨセフは神さまがここに自分を導いたのだと信じていました。大飢饉のために備えるために神さまはヨセフを用いられました。過去にどんなことがあったとしても、神さまを信頼し、神さまに委ねて生きていくならば、すべてのことは神さまの栄光のために使われていきます。無駄なことは何もなく、小さなことも拾い上げて、天と点を結ぶ線のようにつないでくださいます。神さまの導きはいつでも最善です。

2021年1月24日

神の霊がやどっているこのような人が、ほかに見つかるだろうか。
          創世記41章38節

 ヨセフは「神の霊が宿る人」と言われました。これは神さまがヨセフと共にいて、ヨセフが神さまと共にいたからです。「聖霊に導かれる生涯」とは神さまに導かれる生涯です。私たちの生涯も神さまによって導かれていることを覚えましょう。
1.神さまは語る
 エジプトの王ファラオは夢を見ました。その夢の解き明かしをしたのがヨセフでした。これからエジプトに起る大豊作と大飢饉を夢の中から解き明かし、ヨセフは全エジプトを治める人物に抜擢されたのです。奴隷として売られ、無実の罪を着せられて監獄に入れられていたヨセフが一気にファラオに次ぐ地位に就いたのです。ヨセフは夢の解き明かしをした時、自分がするのではなく、神さまが解き明かしをするのだと言いました。ヨセフは神さまの語りかけを聞き、それを伝えていたのです。
2.神さまは導く
 思いがけない地位や権威を授けられたヨセフです。これは彼がコントロールしたわけではありません。神さまがヨセフを導いて、飢饉から人々を救う者としました。ヨセフ自身も自分がエジプトに来たのは、神さまがこのことのために自分を遣わしたのだと確信しています。彼は奴隷として売られた自分人生は惨めだと思っていなかったのです。むしろ、神さまが意味を持って自分をここに導いたのだと信じていました。私たちは今までの人生を、神さまの導きだと信じて受け入れて来たでしょうか?

2021年1月17日

主が彼とともにおられ、彼が何をしても、主がそれを成功させてくださったからである。
          創世記39章23節

 ヨセフは父親の深い愛情を注がれ、特別扱いをされていました。兄たちはそんなヨセフを嫌っていたのです。しかも兄たちを自分よりも下に見ているような夢の話をされて、兄たちは我慢の限界がきていました。ヨセフは一見、自分は嫌われていると思っていないように見えますがヨセフは嫌われていることを知っていたと思います。ヨセフは嫌われていることを知りながらも神さまを信じ、兄たちに関わり続けて神さまが示してくださったことを伝え続けていたのです。
1.どんな時でも主の恵みがある
 主がともにおられる、そのことをずっと信じていたヨセフです。兄たちに奴隷として売られたとしても自暴自棄にならず、奴隷としての生活も主を信じて、忠実に過ごしていました。その姿はポティファルの目にも伝わり、ヨセフを通して神さまを見ることができたのです。主がともにおられるならば、どんな時でも神さまの恵みが注がれます。
2.どんな所でも主の成功がある
 しかし状況が悪くなる時もあります。ヨセフもポティファルの奥さんに誘惑されて断り続けた結果、ありもしないことで罪を着せられ、監獄に入れられることになったのです。しかしここでもヨセフは成功します。主から離れることなく、主がともにおられる、それだけを信じて過ごした結果主からの成功が与えられたのです。

2021年1月10日

人は心に自分の道を思い巡らす。
しかし、主が人の歩みを確かにされる。
          箴言16章9節

 神さまの計画は確かにあります。私たちの人生の中心で歩みを確かにされている主を見ましょう。
1.ヨセフの家族
 ヤコブには12人の息子がいました。ヤコブは特に下から二番目の息子がヨセフを愛していました。ヨセフはヤコブが一番愛した妻ラケルから誕生した初めての子どもだったからです。ヤコブはどの子どもよりもヨセフを愛し、特別扱いしました。ヨセフは兄たちの悪い噂を父親に告げ口していました。兄たちからはとても嫌われていたヨセフです。ヨセフが育った家庭環境は決して良いものではありませんでした。父親からの偏愛があり、兄たちからの嫉妬がありました。
2.ヨセフの夢
 ヨセフは夢を見ます。その夢を兄たちや父親にも話しましたが、その内容は受け入れがたいものでした。兄たちはますますヨセフを憎みましたが、父親は心にとめておきました。
神さまは夢を通してご自身の計画を表すお方です。ヨセフが見た夢も後になって実現されます。しかしその道筋はまっすぐではありませんでした。嫉妬や憎しみがヨセフを取り巻いていましたから、不幸のどん底に陥れられることになるのです。けれども、神さまの計画はそれで消えることはありません。最悪な状況の中でも主はともにおられ、主がご自分の計画に導くのです。神さまの計画は私たちの見えないところで確かに動いています。

2021年1月3日

人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。
          ヨハネの福音書3章3節

 人はイエスさまによって誰でも新しく生まれ変わることができます。
1.イエスさまのもとに来る
 ニコデモはイエスさまのもとに来ました。彼はユダヤ人の議員の一人であり、イスラエルの教師という立場にありました。そんな彼がイエスさまのもとに教えを受けにやってきたのです。イエスさまの奇跡や教えに興味を持っていたのでしょう。イエスさまはニコデモにとても大切な話をされました。それは、人は水と御霊によって生まれなければならないことです。想像していなかった教えにニコデモは戸惑うばかりでしたが、人が本当に必要としているのは罪からの救いなのです。
2.イエスさまの十字架を仰ぐ
 この救いはイエスさまの十字架によって完成されました。また旧約時代からずっと神さまはイエスさまの十字架を伝えてきました。神さまはイスラエルの民たちの不平不満、不信仰が原因で毒蛇を送り込んだことがありました。しかし青銅の蛇を仰ぎ見た者は毒が除かれ、生きることができたのです。呪われた蛇を見て救われる現象は誰も理解できなかったことです。この呪われた蛇と同じようにイエスさまは呪われた者として十字架にかかり、すべての人の罪をその身に負われました。誰でもイエスさまの十字架を信じて仰ぐならば罪が取り除かれ、新しく造り変えられます。

2021年1月1日 元旦礼拝

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたに望んでおられることです。
         テサロニケ人への手紙第一 16~18節